swiss_sukiのつれづれに

自然は美しい!!

スイス旅:ツムットのレストランで

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210415155401j:plain

f:id:swiss_suki:20210415155427j:plain

f:id:swiss_suki:20210415155456j:plain

画像右上(黄色いパラソルの上くらい)にマッターホルンの頂上が頭を出している。

 

f:id:swiss_suki:20210415155521j:plain

パスタ用の粉チーズがたっぷりと

 

f:id:swiss_suki:20210415155546j:plain

 

フリーからツムット経由ツェルマットへハイキング

 

軽い上りが続いた坂道をやっとのことで歩き、

ツムット集落へ。

レストランを含めても10軒か20軒くらいの集落かも・・・

黄色いパラソルのレストランへ。

マッターホルンが見える位置に座ったものの、

ちょっとだけ頭が見えた

ここでもドイツ語のみのメニューに悩み、

トマト味のパスタ野菜サラダ

旅行中は、どうしても野菜不足。

久しぶりの野菜サラダは、想像以上の大盛り。

サラダは、二人で一皿にして良かった!!

パンは、頼まなくても付いてくるので

量的には、十分。

 

 

スイス旅:フーリへハイキング

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210411142551j:plain

ゴンドラの中から撮影

フーリのレストランが見える。

 

f:id:swiss_suki:20210411142622j:plain

ゴンドラの中から撮影

 

f:id:swiss_suki:20210411142648j:plain

はじめは、アスファルトの道を歩く

 

f:id:swiss_suki:20210411142713j:plain

f:id:swiss_suki:20210411142742j:plain

ここはホテルのよう、

案内ボードには、Willkommen(ドイツ語)「ようこそ」とある。

日本の旅館、ホテルの「歓迎」みたいかな?

 

f:id:swiss_suki:20210411142810j:plain

ハナウド、ピンク色はヤナギラン

 

f:id:swiss_suki:20210411143355j:plain

フジバカマに似た花を付けるキク科の花、

 

f:id:swiss_suki:20210411143451j:plain

初夏の花が咲いてた

 

f:id:swiss_suki:20210411143615j:plain

ツムットの集落が見えてきた。

 

f:id:swiss_suki:20210411143526j:plain

レストランだ。

 

f:id:swiss_suki:20210411143652j:plain

f:id:swiss_suki:20210411143728j:plain

橋を渡るとツムット!

f:id:swiss_suki:20210411143756j:plain

橋から下を覗くと

谷を挟んでツムットへ行くことがよくわかる。

 

フーリからツムット経由ツェルマットへハイキング

 

シュヴァルツゼーからの帰りに

ゴンドラをフーリで降りてハイキングすることに。

あまりメジャーじゃないコースだけれどマップを見ると

楽に歩けるかな?と。

はじめは舗装路、

でもゆる~い上り坂

そしてだんだん山道へ

そして何より、

このコース、マッターホルンがほとんど見えない・・・

見える場所に来てもマッターホルンを背に歩く

テンションが上がらない。

唯一楽しみは、

ツムットのレストランだ。

 

 

スイス旅:マッターホルン朝焼け、ライゼーにて

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210408142727j:plain

f:id:swiss_suki:20210408142759j:plain

f:id:swiss_suki:20210408142852j:plain

 

ライゼーにて

 

ツェルマットのスネガ展望台(2288m)から

すぐ下にある山上湖ライゼー(2232m)。

天気の良い日中は、楽しい遊具があるからか、

たくさんのファミリーで賑わう場所。

でも日の出前

そこは静寂に包まれていた。

滅多にないチャンス、

マッターホルンの朝焼けを撮った。

7月とはいえ、結構寒かった。

この日の朝焼け(モルゲンロート)、

山肌は、赤く染まったけれど

鮮やかさに欠けたものだった。

でも荘厳なまでの空気感は忘れられない。

 

 

スイス旅:ヴィンケルマッテン地区をお散歩

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210404154708j:plain

f:id:swiss_suki:20210404154756j:plain

f:id:swiss_suki:20210404154937j:plain

f:id:swiss_suki:20210404154831j:plain

f:id:swiss_suki:20210404155113j:plain

f:id:swiss_suki:20210404155020j:plain

f:id:swiss_suki:20210404154859j:plain

 

ツェルマットのヴィンケルマッテン地区にて

 

スイスのツェルマット(標高1620m)、

スイスを代表する名峰マッターホルン(標高4478m)、

この山を観光、登山する人たちの拠点となる場所だ。

ホテルやレストランお土産屋さんがたくさん立ち並ぶ

ツェルマット村の中心地から少し離れたところに

ヴィンケルマッテン地区があり、地元の人の生活がある。

観光客は、あまりいない。

そしてここもガソリン車乗り入れ禁止、

電気自動車だけが走っていて本当に静か。

夏の野の花も魅力的に咲いていた。

地元の民家もおしゃで

ラニュウムの赤い色が冴えていた。

 

 

 

スイス旅:マッターホルンの朝と夕

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210401152116j:plain

f:id:swiss_suki:20210401152016j:plain

f:id:swiss_suki:20210401152048j:plain

 

ホテルのベランダにて

 

ツェルマットでの宿泊Hotel perren

ベランダからマッターホルンを眺める至福の時、

そのベランダにはラニュウムが赤、ピンク、白い花を咲かせていた。

夜が明ける直前の朝焼け(モルゲンロート)

日没前の絵になる雲も動きが楽しかった。

 

 

スイス旅:ギザギザ道は、遠かった。

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210329150302j:plain

f:id:swiss_suki:20210329150234j:plain

ワタスゲが咲く道を進む。

もうすぐシュテリーゼー

 

f:id:swiss_suki:20210329155855j:plain

マッターホルンを映すシュテリーゼー↑↓

f:id:swiss_suki:20210329155927j:plain

f:id:swiss_suki:20210329150846j:plain

Grindjiseeは、画像中央少し下の谷にある。↑↓

f:id:swiss_suki:20210329150606j:plain

f:id:swiss_suki:20210329150328j:plain

 

f:id:swiss_suki:20210329150646j:plain

f:id:swiss_suki:20210329150510j:plain

岩についているオレンジ色は、苔らしい。

f:id:swiss_suki:20210329150712j:plain

f:id:swiss_suki:20210329150735j:plain

疲れた足取りでLeisee(ライゼー)への道を歩く。

 

グリンジゼーへ行こうとしたけれど・・・

 

一番上の画像

案内板、中心の一番上、

Stellisee 2537mは、(seeは、湖)

マッターホルンを映す素晴らしい湖。

そこからStellisee左に書いてある

Grindjisee(グリンジゼー)へ行こうとした。

その道中にもエーデルワイスが咲いているはず。

上から7枚目の画像、

YOU ARE HEREの書いてある看板、

画像右にあるStelliseeから赤い線の道を行けばよかったのに、

左へ、グレイ色のギザギザ道を進んでしまった。

マッターホルンを正面に見ながら、

綺麗に咲いたエーデルワイスにも出会えたが、

疲れ果てたコースだった

スイス旅:夜景を撮ってみた

当ブログ、

某ブログから引っ越してきたからか、

以前に投稿した内容が、うまく表示されてない部分があります。

ここでスイス旅行(個人旅行)2010・2015・2017を全体的にまとめていきたいと思っています。

・・・というより、スイスに触れることが楽しいので

「もう一度、スイス」です。

旅行日 

2010年6月29日~7月8日

2015年7月1日~7月10日

2017年6月9日~6月19日

 

        ツェルマット滞在編

f:id:swiss_suki:20210325161143j:plain

f:id:swiss_suki:20210325161157j:plain

f:id:swiss_suki:20210325161211j:plain

 

ツェルマットの夜景を撮る

 

旅行会社の冊子でスイス特集としてよく見る、

ツェルマットの夜景とマッターホルン

前々から「どこで撮ったのかな?」と思っていた。

2017年のスイス旅行で「探してみよう」ということに。

見当はつけていたものの、

ツェルマットの夜景とマッターホルンを組み合わせとなると、

案外難しかった。

ツェルマット村の坂や階段を上ったり下りたり・・・

やっと「たぶんココ!」の場所に。

ツェルマットの地元の方の住居や、

長期滞在の人が利用するシャレー風ホテルがある場所にたどり着いた。

夫が三脚を立てるとどこからか猫ちゃんがやってきて

カメラ目線。

マッターホルン山頂の雲は、取れなかったけれど、

思い出の写真が撮れた。